フライヤー表
フライヤー裏
フライヤー表
フライヤー表
フライヤー裏

新宿シアタートップス

劇場イメージ

twitter

〒160-0022
東京都新宿区新宿3-20-8
WaMall TOPS HOUSE ビル4階
tel/03-6457-4058 fax/03-6457-4075
mail/tops@honda-geki.com

お問い合わせ

twitter

ラインナップ

フライヤー
WAHAHA本舗  PRESENTS
我善導をおもしろがる会 vol.3
「?人のおもしろがれない大人たち」
5月17日[火]-5月22日[日]
フライヤー
悪い芝居
悪い芝居vol.39
希望と喪失の悪い芝居ラストプレイ
『ラスト・ナイト・エンド・デイドリーム・モンスター』
6月2日[木]-6月12日[日]
フライヤー
JAPLIN
JAPLIN vol14
「でんすけ」
6月15日[水]-6月19日[日]
フライヤー
劇団道学先生
旗揚げ25周年記念公演
梶山太郎氏の憂鬱と微笑
6月29日[水]-7月10日[日]
フライヤー
劇団献身
劇団献身第16回本公演
最悪な大人
7月13日[水]-7月18日[月]

公演情報

5月17日[火]-5月22日[日]

フライヤー
フライヤー裏

WAHAHA本舗  PRESENTS

【webサイト】

我善導をおもしろがる会 vol.3
「?人のおもしろがれない大人たち」

プロデュース

喰 始

脚本・演出

山﨑洋平(江古田のガールズ)

出演

我善導

【男性バージョン】
ロ師岡、西條義将(モダンスイマーズ)、竹石悟朗、
塩崎こうせい、大西一希(PAPALUWA)、
稲葉俊一、加藤パーチク、
米本来輝、徳永伸光、市川大希、國崎史人、石原正康(幻冬舎)

【女性バージョン】
増田有華、あだちあさみ、福田ユミ(東京マハロ)、
丹下真寿美(T-works)、
高瀬あい(江古田のガールズ)、神谷敷樹麗、
比嘉奈菜子、広田あきほ、南出めぐみ、荻野紗那、
石原奈津美


「生」と「死」の究極の選択。
様々な事情を抱えた?人の大人たちによる密室
「男」の我善導と「女」の我善導の悩ましい選択。
あなたはどちらの我善導を選びますか?


「我善導をおもしろがる会」とは??
ワハハ本舗の実力派俳優・我善導を出演者やスタッフ総出でおもしろがる企画としてシリーズ化。我善導が主役であるが、共演する実力派俳優の名演・迷演にその存在感が危ぶまれることもしばしば。お客様に「主役」として認められるか、我善導の真価を問い続けていく会。

スケジュール



 
5月17日[火] 19:00 女
5月18日[水] 19:00 男
5月19日[木] 14:00 女/ 19:00 男
5月20日[金] 14:00 男
5月21日[土] 13:00 女/ 18:00 女
5月22日[日] 13:00 男

開場は開演の30分前です
未就学児童のご入場はお断りいたします

チケット

料金

全席指定 前売¥4,800 当日\5,500

一般発売

4月2日(土)10:00~ 一般発売

チケット取扱

チケットぴあ(Pコード:511-050) チケットぴあ店頭/セブンイレブン店頭
ローソンチケット(Lコード:32907) ローソン店頭/ミニストップ店頭(店内Loppi)
e+(イープラス)  ファミリーマート店内(Famiポート)
カンフェティ

お問い合わせ

WAHAHA本舗:03-3406-4472(平日11~18時)

6月2日[木]-6月12日[日]

フライヤー

悪い芝居

【webサイト】

悪い芝居vol.39
希望と喪失の悪い芝居ラストプレイ
『ラスト・ナイト・エンド・デイドリーム・モンスター』

作・演出

山崎彬

音楽

坂本弦

出演

潮みか、植田順平、香月ハル、中西柚貴、畑中華香、ユガミノーマル、山崎彬(以上、悪い芝居)
多田直人(演劇集団キャラメルボックス)、今村美歩、松本亮、千綿勇平、浅野康之(劇団鹿殺し/トイメン)、小日向雪、長瀬貴博、森谷菜緒子

最後の夜は忘れない。最初の朝は思い出せない。これは、めくるめく記憶を巡る、白昼夢の快物譚。
本公演『愛しのボカン』を終えたばかりの悪い芝居が、わずか3か月で帰ってくる。
舞台は、昨年リニューアルオープンをはたした伝説の劇場・新宿シアタートップス。
‘‘喪失と希望の悪い芝居ラストプレイ‘‘と銘打ち披露するのは、過去作の中でもとりわけ物語性が高いと評された『ラスト・ナイト・エンド・ファースト・モーニング』と『快物』を下敷きに書き下ろされる新作『ラスト・ナイト・エンド・デイドリーム・モンスター』。
何が真実で何が間違いなのか。そして、快物とは一体何なのか。
曖昧な記憶に翻弄される人々は、やがて白昼夢を見るかのように、現実世界から逃亡してゆく。
芝居を観よう。芝居を観よう。どうせ観るなら‘‘悪い芝居‘‘を観よう。
かつての悲劇の続きを描こう。その先にある希望を目指して。
悪い芝居Last pray、これは‘‘最後の祈り‘‘だ。

スケジュール


6月2日[木] 19:00
6月3日[金] 19:00
6月4日[土] 13:00/ 18:00
6月5日[日] 13:00/ 18:00
6月6日[月] 13:00
6月7日[火] 休演日
6月8日[水] 19:00
6月9日[木] 19:00
6月10日[金] 19:00
6月11日[土] 13:00/ 18:00
6月12日[日] 13:00

チケット

料金

前売
一般¥4,000円/U25(25歳以下)¥3,500/高校生以下¥1,000
※当日券は各券種+¥500

発売日

【チケット発売日】
・劇団先行/キャスト先行
 2022年 4月9日(土) 12:00 ~ 17日(日) 23:59
・一般発売
 2022年4月23日(土) 12:00 ~

※メルマガ先行あり
 

取扱い

チケットぴあ

お問iい合せ

悪い芝居 制作部 lastpray@waruishibai.jp
        090-1441-1481(12:00-21:00)

6月15日[水]-6月19日[日]

JAPLIN

【webサイト】

JAPLIN vol14
「でんすけ」

作・演出

桒原秀一

出演

シングルキャスト
直江喜一/かとうずんこ/柴田元/上杉英彰/櫻井志保
紅組
桜井はやと/芳村駿/藍梨/仁科ナナ
白組
長堀純介/竹之内勇輝/平松香帆/中冨杏子

お笑い芸人を目指していた山本田介は、最愛の妻の死と自閉症の息子(山本日向)の誕生が重なり、お笑い芸人の道を諦めた。その後、バイト先の工務店にそのまま就職し、大工の仕事で生計を立てながら子供を育て、いつの間にか二十数年の時が経った。田介は50代になり、体の衰えを感じていたが、特別支援学校で日向の担任をしていた島村花子が、卒業後も山本家に関わり続けてくれた為、ひとり親家庭でも育てることが出来ていたようだ。いつしか、夫婦のような距離感になっている田介と花子だが、そこに新婚旅行中の田介の長女・瑞樹が突然帰ってくる。自閉症に関心をしめそうとしない長女の夫、蔵石源蔵を説得しようとする田介だったが、悪化していく体調になすすべがなく、家族が離れていくことをなんとか止めようとする。孤独に向かって進んでいってしまう家族の未来に対して、田介が教えたのは、いつでも人を笑わすことが出来る「漫才」だった。

スケジュール


6月15日[水] 19:00 白
6月16日[木] 14:00 白/ 19:00 紅
6月17日[金] 14:00 紅/ 19:00 白
6月18日[土] 13:00 白/ 18:00 紅
6月19日[日] 13:00 紅

受付開始・ロビー開場・客席開場は共に開演の30分前
未就学児入場不可

チケット

料金

全席指定/前売・当日共  ¥5,000
     U-18チケット ¥2,500円(入場時要学生証)

一般発売

4月20日(水)18:00発売予定

チケット取扱

CNプレイガイド https://www.cnplayguide.com/japlin/  0570-08-9999(10:00~18:00)
U-18チケットは先着枚数限定で https://www.quartet-online.net/ticket/densuke で販売いたします

お問い合わせ

JAPLIN

6月29日[水]-7月10日[日]

劇団道学先生

【webサイト】

旗揚げ25周年記念公演
梶山太郎氏の憂鬱と微笑

中島淳彦

演出

福島三郎

出演

青山勝 かんのひとみ 田中真弓 朝倉伸二 宮地大介
草野とおる 佐藤達 菅沼岳 川合耀祐 篠原彩
中原果南 鈴木一功

梶山太郎は小説家だが、最近はたいした仕事はない。若い時には純文学の旗手などともてはやされたが、本は売れなくなり、アルバイトではじめた子供向けの童話や旅雑誌の紀行文などで長年くいつないできた。しかし頼りにしていた旅雑誌は廃刊。童話も担当編集者と喧嘩をしてどうやら先はない。六十も半ばになろうとしている彼は、長年連れ添った妻に現状を伝えられずにいた。そんな時、助け舟のようにあるデパートの文化事業、文学教室の仕事が舞い込む。講師となった梶山は、週に二回そこで女性に囲まれることになる。その中の一人と老いらくの恋におちかけ、失いかけていた創作意欲に再び火が付く梶山であったが、突然長らく行方不明だった従弟が借金を頼みに現れる。にべもなく断る梶山だが、妻から思わぬ告白を受けることになる。癌の疑いがあるというのだ。妻がいなくなることを想像するだけで立ち上がることも出来ない梶山。そこに文学教室の生徒で梶山が内心才能のなさを馬鹿にしていた主婦が、ある文学賞を受賞したと知らせを受ける梶山。降ってわいたように身辺に変事が重なり、のたうち回る梶山。果たして老後の梶山太郎に再起の途はあるのか。人生の終盤を迎えた男の、苦悩と絶望。哀しくて滑稽な人生模様を道学先生らしい笑いに包んで送ります。

スケジュール


6月29日[水] 19:00
6月30日[木] 19:00
7月1日[金] 19:00
7月2日[土] 14:00
7月3日[日] 14:00
7月4日[月] 14:00
7月5日[火] 14:00
7月6日[水] 14:00
7月7日[木] 19:00
7月8日[金] 19:00
7月9日[土] 14:00/ 18:00
7月10日[日] 14:00

チケット

料金

全席指定/前売¥5,000 当日¥5,500 25歳以下¥3,000

一般発売

2022年5月17日

チケット取扱

J-Stage Navi  http://j-stage-i.jp  03-6672-2421(平日12-18時)
ローソンチケット

お問い合わせ

J-Stage Navi  http://j-stage-i.jp  03-6672-2421(平日12-18時)

7月13日[水]-7月18日[月]

フライヤー
フライヤー裏

劇団献身

【webサイト】

劇団献身第16回本公演
最悪な大人

作・演出

奥村徹也

出演

納葉(劇団献身)
加瀬澤拓未(劇団献身)
川久保晴
古賀友樹
高木健
高村颯志(家のカギ)
中井友望
日高ボブ美
本折最強さとし(ゴジゲン)

僕は、父が、嫌いだーー
かつてフードファイターだった父。
大した理由もなく引きこもりがちな息子。
これは、二人を繋ぐとある運送屋の、最悪な二、三日の話。

スケジュール


7月13日[水] 19:00 ☆前半割
7月14日[木] 19:00 ☆前半割
7月15日[金] 19:00
7月16日[土] 14:00/ 19:00
7月17日[日] 14:00/ 19:00
7月18日[月] 14:00

受付開始は開演の45分前、開場は開演の30分前です。
未就学児童はご入場いただけません。
車椅子でご来場のお客様は、チケットご購入後、お問い合わせ先までお知らせください。

チケット

料金

一般¥3,500
☆前半割対象回 一般¥3,200
※当日券は各¥300増し

一般発売

2022年6月4日(土)10:00~

チケット取扱

チケットぴあ セブンイレブン店頭マルチコピー機(Pコード:512032)
ローソンチケット ローソン、ミニストップ店頭Loppi(Lコード:32909)

お問い合わせ

劇団献身 gekidankenshin@gmail.com 
               090-9204-3288(制作部10:00~19:00)