フライヤー表
フライヤー表
フライヤー裏
フライヤー表
フライヤー裏
フライヤー表
フライヤー裏
フライヤー表
フライヤー裏

小劇場 B1

劇場イメージ

twitter

ルート案内

〒155-0031
東京都世田谷区北沢2-8-18 北沢タウンホール地下1階
tel/03-6416-8281 fax/03-6416-8382
mail/711@honda-geki.com
ロビー電話(公演期間のみ/主催者直通)/03-3460-3711

ルート案内

お問い合わせ

twitter

ラインナップ

フライヤー
劇団GlanzPark×ラポラポラ合同公演
スィ ウヌカㇻ アン ロ
6月29日[土]-6月30日[日]
フライヤー
演劇企画イロトリドリノハナvol.5
エアスイミング
7月4日[木]-7月7日[日]
フライヤー
フルタ丸講談vol.3
口車ダブルス
7月10日[水]-7月14日[日]
フライヤー
劇団狼少年第十三回公演
惑星地球-1.3
7月17日[水]-7月21日[日]
フライヤー
暁劇場
潮来之音
The Whisper of the Waves
8月9日[金]-8月11日[日]

公演情報

6月29日[土]-6月30日[日]

フライヤー

劇団GlanzPark×ラポラポラ合同公演

【webサイト】

スィ ウヌカㇻ アン ロ

脚本

髙橋 正子(演劇家族スイートホーム)

演出

櫛引 ちか(我等、敵モドキ / 瓶詰企画)

第二演出

GJ(演劇公社ライトマン)

出演

劇団GlanzPark
安藤 ユーキ
大倉 さくら
小丸 七蘭
朱麗

ラポラポラ
堀 きよ美
長谷川 碧
貝澤 太一
結城 陸
石橋 俊一
石橋 玲
こいけ あい
高城 月子
高山 和也
増田 もも華

音楽隊
村場 踊
早坂 由似
山田 小春
金子 力

「アイヌという言葉は民族を表すのではなく、『人』そのものを指します」

現代、アイヌの語り部でもある祖母を亡くした高校生の花。
花は戸惑いながらも、アイヌとして生きたおばあちゃんの姿から、アイヌとしての自分を見つめ直す。

時はかわり江戸時代、近江商人の孫次郎は通詞と共に訪れたアイヌの村で、世界観の違いに困惑しながらもアイヌの婚礼を見届ける事になる。

アイヌとはなんなのか?
二つの時代を生きる2人が出した答えは・・・

スケジュール


6月29日[土] 18:30
6月30日[日] 13:30

開場は開演の30分前です。

チケット

料金

前売
大人¥3,500
学生¥3,000
小学生以下無料
※当日料金は各¥500増しになります。(小学生以下は無料です)

チケット取扱

予約フォーム https://glapa.hp.peraichi.com/

お問い合わせ

メール northu49130302@gmail.com 

7月4日[木]-7月7日[日]

フライヤー
フライヤー裏

演劇企画イロトリドリノハナvol.5

【webサイト】

エアスイミング

シャーロット・ジョーンズ

翻訳

小川公代(幻戯書房)

演出

森下知香

出演

室田百恵
森下知香

「私たちは泳ぐ、空気の中で。想像の翼を広げて…」
「絶望と孤独の世界を生き抜いた二人の物語」

1924年、イギリス。
妻子ある男性と恋に落ち、望まれぬ子を産んだ「ペルセポネー」は、
社会的に不適合とされ「触法精神病施設」に収監されることになる。
そこで出会ったのは、葉巻を吸い、過度に男性的にふるまった罪でここに閉じ込められた「ドーラ」だった。
いつ終わるとも知れない長い歳月を社会から隔絶された世界で過ごす二人。家族にも忘れ去られ、
孤独と絶望で押しつぶされそうになった彼女たちはいつしか
「ポルフ」と「ドルフ」という想像上の人格をまといはじめる。
二人は「狂気」と隣り合わせの閉ざされた空間で、
時にお互いの存在に支えられながら、しなやかな意志で生き抜いていく……。

スケジュール


7月4日[木] 14:00 ☆/ 19:00 ☆
7月5日[金] 14:00/ 19:00
7月6日[土] 14:00/ 19:00
7月7日[日] 14:00

受付開始は開演の45分前、開場は開演の30分前です。

チケット

料金

【全席指定】
前売一般¥4,200
当日一般¥4,500
初日割¥3,500(☆4日14時・19時)
学生割¥3,500(前売当日共・受付にて身分証提示)
※学生・演劇関係専門学校含む
ペア券¥8,000(J-Stage Navi扱いのみ・2枚1組)
リピーター¥2,000(当日のみ・半券提示)

※未就学児童のご入場はご遠慮ください。

一般発売

2024年4月8日(月)10時~

チケット取扱

J-Stage Navi https://j-stage-i.jp/ 03-6672-2421(平日12:00~18:00)
カンフェティ http://confetti-web.com/irohara-airswimming
Corich https://ticket.corich.jp/apply/314783/
演劇企画イロトリドリノハナ Email irohana2018@yahoo.co.jp
 

お問い合わせ

J-Stage Navi 03-6672-2421(平日12:00~18:00)
劇場ロビー 03-3460-3711(公演期間中のみ)

7月10日[水]-7月14日[日]

フライヤー
フライヤー裏

フルタ丸講談vol.3

【webサイト】

口車ダブルス

作・演出

フルタジュン

出演

真帆
篠原友紀
フルタジュン
大勝かおり
松尾英太郎
にしやま由きひろ
大野朱美
キタラタカシ
神咲妃奈
涼田麗乃

講談+現代劇で描くフルタ丸講談の第三弾は
言葉のガソリンで回り続ける保険屋たちの群像悲喜劇!


保険があなたの人生を守ります!
(ようこそ保険漬けの人生へ!)
究極の営業職と言われる保険営業。
学歴不問、キャリア不問。
武器は舌先、セールストーク。
売れたら天国、売れなきゃ地獄。
2年以内に9割が辞める世界。
生命保険会社「第三生命」でしのぎを削る保険営業たちは
リスキーな日常に陶酔し麻痺していた。
新年度、営業部に社内初の女性部長が誕生する。
ヘッドハンティングされてきたのは、
保険営業のプロと保険営業の素人だった。
対極の女性部長が二人。
新体制となった営業部を舞台に
言葉のガソリンで回り続ける保険屋たちの群像悲喜劇!
ノったのか。ノせられたのか。いつの間にか。

スケジュール


7月10日[水] 19:30 初日割引
7月11日[木] 14:00/ 19:30
7月12日[金] 14:00
7月13日[土] 13:00/ 17:00
7月14日[日] 13:00/ 17:00

受付開始は開演の45分前、開場は開演の30分前です。

チケット

料金

【全席自由】
前売¥4,500
当日¥5,000
学生割引¥3,000(前売当日共・要証明)
初日割引¥4,000(7月10日19時30分の回)

一般発売

2024年5月11日(土)

チケット取扱

CoRich https://ticket.corich.jp/apply/318102/

お問い合わせ

info@furutamaru.com 劇団フルタ丸

7月17日[水]-7月21日[日]

フライヤー
フライヤー裏

劇団狼少年第十三回公演

【webサイト】

惑星地球-1.3

脚本

狼少年

演出

奥津裕也

出演

奥津裕也
川瀬遼太
​實川阿季
竹中友紀子
曽我部洋士
​黒須杏樹
宮後マミ
文ノ綾
山口葵
髙見美儀
玉置康二
黒木俊穂
高田衿奈
及川奈央
たむらもとこ

過去・現在・未来が入り混じる
劇団過去人気作を原案としたオリジナル作品。
人間は何故生まれ、様々な感情を抱き、死へ向かうのか・・・
そして我々人間はどこから来たのか・・・
魂を揺さぶるファンタスティックSFヒューマンドラマ!?

さぁ、この暑い夏、一緒に魂を燃やしましょう。

スケジュール


7月17日[水] 19:00
7月18日[木] 14:00/ 19:00
7月19日[金] 14:00/ 19:00
7月20日[土] 13:00/ 17:00
7月21日[日] 12:00/ 16:00

開場は開演の30分前です。

チケット

料金

【一部指定】
前売¥5,000
当日¥5,500
VIP券¥10,000 ※最前列・良席確保。公演後にキャスト全員と舞台上で記念撮影付!

チケット取扱

Corich https://ticket.corich.jp/apply/311782/

お問い合わせ

stage@ravencom.jp
070-3112-5347 Raven company

8月9日[金]-8月11日[日]

フライヤー
フライヤー裏
台北駐日経済文化代表処 台湾文化センター/暁劇場/本多劇場グループ 共催

暁劇場

【webサイト】

潮来之音
The Whisper of the Waves

脚本・演出

鍾伯淵(ジョン・ボーユエン)

振付

我妻惠美子

出演

我妻惠美子、鄭詠元(テイ エイゲン)、陳家誼(チン カギ)、陳威辰(チン イシン)、寥治強(リョウ ジキョウ)、鄭筑勻(テイ チクイン)、陳渝喬(チン ユキョウ)

【声の出演】
方怡婷(ホウ イテイ)、高劭宜(コウ ショウギ)、張昌緬(チョウ ショウメン)、梁紅玉(リョウ コウギョク)、陳祈伶(チン キレイ)、葉育伶(ヨウ イクレイ)、蔡振南(サイ シンナン)

現代の社会問題を、独自の詩的な台詞、繊細に振り付けられた動きで描写し、私たちが存在している「今」「ここ」をシンプルでありながらも観客の心に深く突き刺す言葉で表現する。

時は震災前夜、パートナー同士、人と動物、人と植物の3組が生命のうねりの中で互いに寄り添い、困難を乗り越えていく。
たとえ孤独でも決して独りぼっちではないのだ。
終盤、津波が押し寄せ、生死の挟間でそれぞれ互いの思いがうねり混じり合っていく。



【暁劇場(Shinehause Theatre)とは】2006年設立。台湾・台北市の萬華地区において活動をつづけており、太陽「暁」をシンボルとし、太陽が世界を照らすように演劇を通して世界を隈なく表現することを目指している劇団。200席を備えた「萬座暁劇場(Wan Theatre)」の経営や国際的なダンスフェスティバルである「艋舺国際舞蹈節(Want to Dance Festival)」の企画も行っている。

スケジュール


8月9日[金] 19:00
8月10日[土] 14:00/ 19:00
8月11日[日] 14:00

受付開始は開演の45分前、開場は開演の30分前です。

チケット

料金

全席自由/前売当日共に¥4,000

一般発売

7月6日(土)午前10時発売

チケット取扱

カンフェティ 平日10-18時のみ電話受付 0120-240-540もあり

お問い合わせ

(株)本多企画 メール